災害時の医療体制


災害時の岡崎市医師会の役割

岡崎市医師会は、災害時には災害対策本部を設置し、医療救護所と後方支援病院救護班の派遣体制を整えています。
東海地震予知情報が発表され警戒宣言が出た場合、外来診療を中止いたしますのでご注意願います。

【医療救護所での対応】:

  • トリアージ(傷病者の振り分け)
  • 地域防災無線・衛星携帯電話による通信連絡・医師会災害対策本部との連携

【後方支援病院での対応】:

  • 医療救護所から搬送された負傷者の受け入れ・トリアージ後の負傷者の処置
  • 医師会災害対策本部との連携

【災害対策本部での対応】:

  • 愛知県医師会・歯科医師会・薬剤師会・保健所の各災害対策本部との連携
  • 各医療救護所及び各後方支援病院との連携

岡崎市・幸田町の医療救護所

 
岡崎市幸田町
2015年9月1日現在
大門小(大門) 矢作東小(矢作町) 北部中(高力)
連尺小(城北町) 矢作南小(大和町) 幸田中(菱池)
北野小(北野町) 城南小(城南町) 南部中(深溝)
矢作北小(橋目町) 六ッ美北部小(土井町) 勤労者体育センター(野場)
矢作西小(宇頭町) 六ッ美南部小(中島町)

岡崎市・幸田町の後方支援病院

岡崎市・幸田町
2015年9月1日現在
北斗病院 宇野病院
三嶋内科病院 岡崎南病院
冨田病院